Madrigal

この曲は、クラシック曲として有名なシモネッティ作曲のマドリガルを、ポップス調に
アレンジしたものです。 コンサートでよく演奏しているナンバーです。
近年、Fl.鳴上亜希子さんのセカンドとして、演奏活動をしています。
このマドリガルは、鳴上さんのレパートリー曲です。

確か、97’は、鳴上さんを中心としたバンドのレコーディングに入るはずだったのです。
でも、話が2転3転するのですよね。 まあ、仕方がありませんね。

このバンドのリハーサルの時、プロデューサーに言われた言葉で
”評価をするのは他人であって、自分じゃないよ”という言葉がありました。
私は、この頃、ユーロビートにこっていたのですが、私らしい音楽と考えると
原点に戻って、メロディックで雰囲気のある音楽。最近の言葉で言うなら
”いやし系”の音楽、向いているのかもしれません。

好奇心やチャレンジ精神も大切ですが、自分らしさを失わない事も大切ですね。
アドバイスをして頂ける方と出会える私は、ラッキーだと思います。



Waiting Roomへ

トップへ

copyright(C)2000-2016 Mayumi Ichihana All rights reserved.